住友ゴムグループ

2016年2月29日
株式会社住ゴム産業
代表取締役社長 吉澤 貢

当社製ゴムチップ入り人工芝(ハイブリッドターフ)の安全性について

一部メディアで報道されております『米政府による人工芝とがんの関連性についての調査開始』に関連しまして、現在当社製品をご使用、ご検討いただいているお客様にはご心配をおかけしております。当社製ゴムチップ入り人工芝(ハイブリッドターフ)の安全性について、以下の通りお知らせいたします。

報道内容

米国政府機関が、ゴムチップ入り人工芝の人体に対する影響(発がん性)について調査を開始すると発表しました。これは、米国内で人工芝の合成繊維、充填物に使用されるゴムチップ(タイヤリサイクル品)とがんとの因果関係の可能性についての声が上がった事を受けたものです。

当社製ゴムチップ入り人工芝(ハイブリッドターフ)の安全性について

当社が販売するゴムチップ入り人工芝(ハイブリッドターフ)は、ポリエチレン製の人工芝(ヤーン)にゴムチップ、砂を充填することにより構成しています。これらいずれの素材につきましても、鉛など発がん性のある有害物質の溶出及び人体への影響については、第三者機関による試験で安全性を確認しております。従って健康への影響は無いと認識しておりますが、今後も安全性の確認を継続してまいります。

<試験内容と結果>
試験内容 試験方法 試験結果 試験機関
器具及び容器包装規格試験(ゴム製ほ乳器具) 試料を水浸したのち溶出液を分析 材質試験(2項目)、溶出試験(5項目)について、食品、添加物等の規格基準限度以下 (財)日本食品分析センター
雌ラットを用いる急性経口毒性試験 検体投与継続14日の観察 異常および死亡例なし (財)日本食品分析センター
土壌汚染対策法に基づく溶出試験 試料を水浸したのち溶出液を分析 全26項目で溶出基準以下 (株)環境管理センター
(株)日環サービス

ハイブリッドターフ構造図

ハイブリッドターフ構造図

以上

■本件についてのお問い合わせ先:
株式会社 住ゴム産業 東京体育施設部
TEL:03-5614-7194  FAX:03-5614-7287

ページトップ